院長プロフィール

患者さまへのメッセージ

病気に対する捉え方、立ち向かい方は人それぞれだと思いますが、
ご自分の生き方、ライフスタイルと健康の両方を大切にして頂きたいと思っております。
私たちの務めは、それを手助けする事だと考えております。

大阪市都島区に1996年開業以来、

“よりよき、かかりつけ医”
であることを信条としています。
患者様との対話を大切にすることが正確な診断、治療のためにとても重要であると考えています。

消化器外科認定医としての知識と経験を活かしつつ、また患者様の状態に応じて、最も適切な治療を行えるように、病院との連携をとりながら

“病気を診るのではなく、病気をもった人を診る”

治療を心がけています。

遠藤クリニック 院長
遠藤 淳
えんどう じゅん

IMG_0075

“かかりつけ医”とは…??
例えば、自分が患者の立場になった時、理想の“かかりつけ医”とは次のような
ものであると考えます。

  • 平生の自分の健康状態を把握してくれている。そのため、小さな変化も見逃すさずチェックしてくれる。
  • 逆に、自分で少しでも気になることがあった場合、専門科のことはもちろん、それ以外のことも、なんでも気軽に相談できる。そして、的確な対応をしてくれる。
  • 検査が必要な場合は検査をすすめ、正確な診断をくだし、治療にあたってくれる。
  • 精密な検査が必要なときは、機を逃すことなく、病院の専門医との連携をはかってくれる。
  • 専門外の問題が生じると判断した場合には、より専門的な医療機関との連携をはかってくれる。
  • 重い病気にかかってしまい、不安な気持ちになったときに相談にのってくれ、適切なアドバイスを与えてくれる。

すなわち…

何か気になることがあれば、
“とりあえず、あの先生の所へ行って相談してみよう”と思えるドクターが自分にとって理想の“かかりつけ医”であると考えています。
遠藤クリニックは、患者さまにとって、そういった存在でありたいと心掛けて診療活動を行っています。

院長プロフィール

経歴

1960年 大阪市阿倍野区生
大阪府立天王寺高等学校卒
1987年 関西医科大学卒
同大学胸部外科、同附属香里病院外科などを経て、
1996年 遠藤クリニック開設。

  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本消化器外科学会専門医制度認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 介護支援専門員
IMG_0082

得意分野

  • 全ての患者さん各々の顧問である家庭医という立場を大切に考えている。
  • 専門分野においては外来手術もおこなっているが、それに留まらず、常に患者さんの希望および症状に応じて納得のいく医療を提供することを心がけている。
  • 特に悪性疾患の場合は、充分な説明の下、時機を逃がさぬ病診連携が必要であると考えており、そのため、総合医療センターの消化管カンファレンスには常に出席し、意見と情報の交換を行っている。